大腸カメラ

当院で行っている大腸カメラについて

PCF-H290

負担の少なさを目指した内視鏡

当院で採用している内視鏡システムは、術者の操作性向上を目指した最先端の機能を数多く搭載しております。「安全」で「楽な」検査に加え、「検査時間の短縮」にも寄与します。

ハイビジョンとNBI

高精細なHD画像

ハイビジョン対応CCDを搭載し、クリアかつ高精細な画像を提供いたします。また、光デジタルによる画像強調観察技術“NBI”に対応。通常観察では見つけにくい早期がんの発見や、良悪性の判断に迷うような病変の診断に役立ちます。

視野角170°

広い視野角

高画質化に加え、170度におよぶ広い視野角を実現しています。より広範囲の観察ができるので、襞に隠れた病変部の発見をサポートします。

受動湾曲

受動湾曲機能

大腸は屈曲している部分が多く、内視鏡の挿入時に患者様の苦痛を伴うケースが多く見られました。そこで、大腸の屈曲した部分でもスムーズな挿入ができるよう、内視鏡が大腸の壁に押し当てられただけで自然に曲がる機能を搭載しています。

可変

硬度可変機能

手元で内視鏡挿入部の硬さを変えることができる機能です。適切な硬さに調節していくことで、腸に負担をかけない検査が可能です。