機能性ディスペプシアについて
草加西口大腸肛門クリニック > 機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシア

肛門の診療 胃炎や胃潰瘍などの病気、異常がないのに、慢性的に胃のもたれや痛みを感じる疾患です。
有病率は10~20%との報告が多く、決して珍しい疾患ではありません。
原因は胃や腸の運動および機能の障害とされており、
精神的・身体的な負担が少なからず影響している可能性が示唆されています。
消化管の運動改善させる薬や自律神経に作用する薬、漢方薬などで治療していきますが、
精神面や身体面の負担を減らすことも重要とされています。