胃内視鏡検査・(経鼻/経口)胃カメラ検査

胃内視鏡検査について

消化器専門医が、胃内視鏡検査(鼻・口からの胃カメラ検査)を行います。
内視鏡は身体の中に、直径7~10mm程度のレンズのついた管を
差し入れて観察し、必要があれば処置・治療をする医療機器です。
また、内視鏡は様子を見るだけではなく組織の採取が可能ですので
胃がんなどの疑わしい病変を調べることも可能です。
月曜日~金曜日は、(経鼻/経口)胃カメラの即日検査を行っています。
※即日検査は事前予約が必要です。 詳細はこちらから≫
胃内視鏡で診断できる病気
胃炎、胃潰瘍、食道・胃・十二指腸などのがん、ポリープ・・・など
胃の内視鏡検査をご希望の方
ご予約はお電話にてお願い致します
胃内視鏡検査希望の旨、またご希望の日時をお電話にてご連絡ください。
日常お飲みのお薬がある場合はその旨お知らせください。
検査の流れ
前日の準備
適切な検査を行うため、検査前日の午後9時~検査開始までお食事はご遠慮ください。
お飲み物は就寝前までならかまいません。
夕食は固い食べ物は避け、消化のよいものを9時ごろまでにお済ませください。
就寝前の服用についてはいつもどおりお飲みいただけます。

当日の準備
なるべくゆったりとした服装でいらっしゃることをおすすめいたします。
空腹がお辛いかと思いますが、朝食は摂らずに牛乳やジュースなどもお避け
ください。
コップ1杯程度の水、またはお茶のみ口にしていただいてもかまいません。
朝のお薬については医師の指示に従ってください。

検査前の準備
胃の粘液や泡を取り除くためのお薬を少量飲んでいただきます。
喉に麻酔をするためのゼリー状の薬をのどに2分程度溜めて飲んでいただきます。
胃の動きを止める注射を腕にします。

検査
喉または鼻に麻酔のスプレーをし、検査を行います。
体の左側を下にして横向きに寝ます。
内視鏡の管を医師が挿入します。
ゆっくりと静かに腹式呼吸をくり返すと楽に検査が受けられます。
空気を入れて胃をふくらませます。ゲップを出さないように深呼吸をして
ください。
モニターをご覧頂き、医師が説明を致します。
検査はおよそ10分程度です。(追加で検査を行う場合は、少しお時間を頂く場合があります)

検査終了後
ポラロイド写真を見ながら説明し写真をお渡しいたします。
胃の組織検査をした場合は再度来院していただき結果をお伝えします。
検査に関する注意点
うがい等をすることは可能ですが、喉の麻酔が効いているため検査後30分程度は飲食はお避けください。
のどにつまったりすることがあります。
また、薬の影響が残りますので、検査後2時間はお車の運転はお避けください。
階段等の利用も充分ご注意ください。

胃カメラの即日検査が可能です!

当クリニックでは、月曜日~金曜日は、初診の方でも診察後にそのまま内視鏡専門医による胃カメラ検査を受けていただく事ができます。
ご希望される方は、事前にお電話にてご予約の上、ご来院ください。
胃カメラの即日検査をご希望される場合の注意点

・当日検査は2名様までお受けできます。
・検査前日は、21:00までにお食事を済ませてください。
・検査当日は、お食事を摂らずにお越しください。
 (お水は飲んでもかまいません)
・2年以内の健診・採血検査の結果をお持ちの方は
 ご持参ください。
・必要な場合は色素内視鏡・組織検査を追加する
 場合があります。