アルタ注射(ジオン注射)療法

当クリニックでは、1,000例を超える治療の経験を活かし、
外来でのジオン療法を行っております
アルタ注射(ジオン注射)療法は、2005年3月の発売以降症例を積み重ねる中で
現在では内痔核以外の病気でも使用できる
ようになってきています。
日帰りでの治療も行えますので、お悩みの方は、
実績の豊富な当クリニックまで一度ご相談ください。

新しい『アルタによる注射療法』は、従来は手術を行っていた
「脱出を伴う内痔核」に対して、効果を期待できます。

内痔核とは

痔核(いぼ痔)の中には発生場所により、直腸側にできる内痔核と肛門の上皮にできる外痔核に分けられます。内痔核の場合痛みを感じることは少なく、出血や排便時などに痔核が肛門の外にでる(脱出)で症状に気づくことがあります。

四段階注射法

アルタ投与前に麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を緩め注射しやすくします。
ひとつの痔核に対して4か所に分割して投与します。
複数の痔核がある場合にはそれぞれに投与します。
投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなるまで安静にする必要があります。

アルタ注射(ジオン注射)療法とは

アルタ(ジオン)は「脱出を伴う内痔核」に効能・効果を持つ局所注射用配合剤であり、痔核への投与にあたっては「四段階注射法」という独特な手法を用いて投与いたします。非観血的に病変組織を硬化退縮させることにより重度内痔核の脱出と 排便時出血を消失させると考えられます。
(三菱ウェルファーマ「ジオン注について」より)

アルタ注射(ジオン注射)療法の特徴

手術に比べて侵襲が少なく、患者さんの負担の軽減および入院期間が短縮されることなどから、社会生活への早期復帰が可能となります。
また、肛門の痛みを感じない部分に注射をするため、痔核を切り取る手術より痛みが少ないです。

投与後の経過

【投与直後】
出血がとまる。
排便による痔核への抵抗が減り脱出の程度が軽くなる。
痔核のくっついている粘膜組織が硬くなり癒着・固定される。

【1週間~1か月後】
痔核の脱出(脱肛)が無くなる。

副作用

血圧低下、吐き気、肛門の違和感、排便困難、一過性にあらわれる発熱等が副作用として報告されています。

その他

詳細は内痔核治療法研究会のホームページへどうぞ。