大腸肛門科 各病気の診断および治療

診療を行っている病気や各検査についてご案内いたします。
当クリニックは大腸・肛門の病気はもちろん、胃腸などの消化器官についての診療も行っておりますので、お悩みの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。
まんがで見る肛門科の話し

痔(いぼ痔・あな痔・切れ痔)

痔は血液の滞り、細菌による炎症、いきみなどによる裂傷などによって起こります。
現代では、成人の3人に1人が痔持ちと言われているほど、ポピュラーな病気です。
痔の種類
いぼ痔(痔核:ぢかく)・・・・・
あな痔(痔瘻:ぢろう)・・・・・
切れ痔(裂肛:れっこう)・・・
【症状】出血・症状により痛み
【症状】発熱・痛み・膿(うみ)
【症状】少量の出血・激しい痛み
従来は手術で治療していた「脱出を伴う内痔核」には、アルタ(ジオン)注射療法も行えます。

大腸の病気

大腸がん
【症状】自覚症状がないことが多い。悪化した場合少量の出血・血便・便意
痔痔と間違いやすい病気です。
症状も少量の出血や便に血が混じるなど、痔と似ていますが出血量が少ないのが特徴です。また便秘や下痢を繰り返したり、残便感などがあります。
大腸ポリープ
【症状】自覚症状なし
大腸の内側の一部が腫瘍のようになる病気で、症状が進むと大腸がんになる可能性もあります。
血便が出るほか、細い便が出ることも多く見られます。
粘液便(ねんえきべん)
【症状】便と一緒にでる白い半透明なもの
大腸ポリープや大腸がんの症状にも見られます。下痢などと一緒に出ることもありますが、透明なもののみが肛門から出ることもあります。
潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)
【症状】腹痛・血の混じった下痢
ストレスや免疫機能の異常などが原因で、大腸に潰瘍やただれが出来る病気です。
腹痛や血液の交じった下痢などを起こし、その症状は直腸がんとも似ています。
若い方の発症も多くみられます。
過敏性腸症候群
【症状】自覚症状なし
腹痛や腹部の違和感を感じ、下痢や便秘を繰り返します。ストレスからおなかにガスがたまることもあります。症状が軽くなってもまたぶり返すことがありますので、注意が必要です。
クローン病
【症状】下痢・腹痛・発熱
口から肛門まで続く消化管に、潰瘍などが出来る病気で、原因は不明といわれています。症状としては、腹痛や下痢などがあります。