IBS(過敏性腸症候群)

普段ならば、身体の不調や食生活の変化で現れる腸の異常。
IBS(過敏性腸症候群)の場合は以下のようにストレスを感じるたびに腹痛や下痢、便秘が起きます。
通勤中の車や電車で急におなかが痛くなる
通学中に急におなかが痛くなる
試験や会議など緊張する場面が近づくと
おなかが痛くなる
外出中や旅行中におなかが痛くなり、
トイレを探すことが多い
過敏性腸症候群が起こる仕組み、
またその治療についてご紹介します。

IBS(過敏性腸症候群)とは

IBS(過敏性腸症候群)は、ストレスなどの影響により急増しており、腹痛や腹部の不快感に加え下痢や便秘などが起こり、それが慢性的にくり返される疾患のことです。
腸と脳には密接な関係があり、脳が不安やストレスを感じた時、そのストレスが信号となって腸に伝わります。IBS(過敏性腸症候群)の場合、この信号が伝わりやすい状態になっており、腸が反応を起こしやすくなっています。
下痢、便秘が起こるしくみ
胃から腸へ運ばれる消化された食べ物には多くの水分が含まれています。
通常は約20時間以上かけ、ゆっくりと腸内を通っていくうちに水分の一部は腸に吸収され、適度な硬さの便となり、排出されます。
しかしここでストレスなどの影響を受けると、腸の動きに異常が起こってきます。

例えば下痢の場合。
ストレスなどで腸が過剰に動き、胃から入ってきた消化された食べ物が速く腸を通過してしまいます。
これにより腸で水分を十分に吸収できなくなるため、便がゆるい泥状や液状になってしまうのです。
便秘の場合はこれとは逆で、腸の運動がにぶくなります。
すると消化物が腸内に長時間留まってしまいます。
その結果、消化された食べ物に含まれる水分が腸に吸収されすぎてしまい、便が硬くなり便秘になります。

症状

診断の際にはどんな時に症状があるか、また腹痛や不快感がどのくらいの時間どんな様子でおこるのかをお聞きします。また他の病気である可能性が無いかを診断していきます。検査を行う場合もありますが、その場で大腸内視鏡検査を行うことはありませんので、安心してご来院ください。
基本的には腸を良い調子に保つために、食事のリズムや内容に気を付け、
睡眠を十分にとることが大切です。
加えて、朝の排便の時間をとり、ストレスをなるべく上手く解消するというように
生活の改善が必須となります。

薬物療法

IBS(過敏性腸症候群)は食事療法や運動療法ですぐに症状を改善させるのは難しいのが実際です。
しかし日常生活に影響が出ている方もいらっしゃいますので、薬を使用するのも効果的です。
薬物療法では、症状に合わせて治療薬が処方されます。
最近では新しいタイプの治療薬として、腸のセロトニンに働きかけ、早い段階から確実に症状を改善する薬も用いられています。

IBS(過敏性腸症候群)はきちんとした治療で直る病気ですので、思い当たることがありましたら早めにご相談ください。